バレンタインは男性から?女性から?

もう20年近くバレンタインは男性から女性へを貫いている、おひとりマザーの多良です。

あっという間に2月に入りました。2月と言えば、節分!

そして、バレンタインデー

12か月の中で一番短い月なのに、行事が盛りだくさんな気がします。

ちらっとふれたことがありますが、私は10年程海外生活の経験あり。

私が住んでいた国では、日本とは逆でバレンタインは男性から女性へプレゼントを渡します。

男性から女性へ贈るものは?

日本では、バレンタインにはチョコレートを渡しますが、私が住んでいた国では男性から女性へ花などをプレゼントします。

チョコレートやクッキーなどは、プレゼントに添えられる事はあってもメインがそれであることはないようです。

バレンタインは、告白をする日という意味合いより、カップルや夫婦が愛を誓う日になるのでプレゼントやラッピングにハートをモチーフにしたものが選ばれます。

バレンタインデーはカップルが祝う日の為、日本の様に「義理チョコ」や「友チョコ」などはありません。

義理チョコや友チョコ

「義理チョコ」や「友チョコ」って日本らしい感じがしますよね。

もらえない人がかわいそうだからとか。

ホワイトデーのお返し欲しさにとか。

バレンタイン=チョコレートの日になっていますよね。

そもそも、日本でバレンタインデーが習慣づけられた際に、女性から好意のある男性へチョコレートを贈るという様式だった為、パワハラやセクハラなんて言葉もない頃に、愛はなくとも小言を言う上司や同僚に、お歳暮やお中元的に配ってしまったのではないかと推測します。

聖バレンタインデー=愛の誓いの日に、義理チョコ、友チョコはかなり非道な気がしてならない。

経済効果の為に、右往左往しているが日本もこの辺でぜひ本来の聖バレンタインデー=愛の誓いの日にしましょう!






おすすめの記事