子どもが下血した

海外で医療ボランティアの経験のある、おひとりマザーの多良です。

おかげで大抵の事では驚かなくなりました。

が、しかし!

我が子が下血した!!

これには、は?!ってなりました。

下血って聞くと私は昭和天皇崩御の時のニュースを思い出してしまいます。年がばれますね。

娘が下血したのは、保育園にて。

4歳でしたが、時折おもらししていた多良娘。お昼を食べた後片付けをしようと思った先生が多良娘のズボンの異変に気付いた。

その先生が担当の先生に、

「た、多良娘が!」

と、かなり焦りながら指さしたそうだ。その時担当の先生はいつものおもらしかと思い

「ほっといて自分で着替えさせるから。」

と言ったそうだ。でも

「ち、ちがう!血!血!」

と、そこから大慌てで私のところに電話がかかってきた。

私も、何がなんだかわからずたまたま一緒にいた知人のに車に乗せてもらって、保育園まで行った。

その保育園は郊外にある。

30分くらいかかったが、保育園についた。

多良娘は、着替えさせてもらっていたが、下血したという下着とズボンを見たら驚いた。

生理の時の様な10センチくらいの出血

救急車を呼んでくれれば良かったのにと思った程、そこから大学病院まで車で行きました。

いろいろ検査をし、強い麻酔を2度もされ多良娘はフラフラになって、このまま殺されてしまうのではないかと思う程検査をさせられた。

母としての反省点

結局原因はわからなかったが。

思い当たることは、下血する半月前くらいから保育園に行きたがらなくなった、毎朝保育園バスに乗るのに大泣き。

初めのころは保育園に行くのが嬉しくてしかたなかったのに、結構厳しく体を動かすことが多い保育園だったので多良娘には合わなかったようだ。

それでも、多良娘が少しでもいろいろ出来る様になれば良いと思い、無理やり通わせていたのがストレスだったのだろう。

その後は、小規模でアットホームな保育園に入園しました。

おばあちゃん先生が多く、ほんわかした保育園で、多良娘も嫌がることなく卒園まで通いました。もちろんその後は下血はしておりません。

この時に悟った事。

保育園も学校も無理に通わせない。なんでも彼女のペースがあるのだ、と。






おすすめの記事