おひとりマザーも実践ヒモトレ

先日、娘の学校で親教室がありました。

その中で、ヒモトレというのが紹介されました。

先生が

「これ、本当に簡単なのよ。それなのに効果大だと思うの。もっと広まって欲しいのよね。」

ということで、ヒモも配られてヒモトレを実践してみました。

一時期、流行っていたようです。

ヒモトレ実践・紐を腰に巻く

まずは、ヒモを付けない状態で両足を肩幅に開いて立ってみる。

自分の状態を把握します。

私は、左側に重心が寄っているように感じました。またその状態のまま肩を強く押されると オットット とよろけてしまいました。

その後に、腰にヒモをまいて結びます。この時、ヒモはきつくまかず落ちない程度にゆるくまきます。

このヒモを腰にまいた状態で、さきほどと同じように肩を押されました。が、あら不思議??

よろけませんでした。。。え?って感じでした。

本当に腰にヒモを巻いて縛っただけです。きつく巻いていないので腰を支えているわけではないのに。

本当に簡単だわ。意識なのか何なのかわからないけれど。

先生の話だと、息苦しい時などにこのヒモトレをすると落ち着く人もいるようで、病院でも診察の切り分けで実施しているところがあるらしい。これで効果あるなら余分な治療はする必要はないという判断するようだ。

医療費の節約にもなるし、治療による体の負担も軽減される。嬉しい限りだ。

ヒモトレ実施・たすき掛け

昔は、着物のたもとを紐で縛って固定していたが、それがとても理にかなっている事だったようです。

ヒモを巻くことで、体の能力を強くしてを本来あるべきポジションに戻してくれる役割があるそうです。

確かに、体の中心がピシッとなったような気がしました。

猫背の強制とか 肩こりにも効果的だそうです。

思ってみれば猫背強制ベルトってたすき掛けに似た感じですよね。

それから、たすき掛けをすることで、落ち着きのない子どもが落ち着いたという話もありました。

抱っこされている時の様な包まれている感覚になるのでしょうか。

やってみる価値はありそうです。

ヒモトレ・子どもに実践中

何はともあれ何か良い事があるのではないかと思い、家に帰ってきてさっそく娘と実践してみました。

いきなりヒモを出して、腰に巻かれても娘も驚くだろうと思い、

「学校の先生が教えてくれたから、一緒にやってみよう!」

と言い、腰のヒモからやってみました。

その後、たすき掛け。

娘は、普段から落着いています。逆に落ち着きすぎていて行動がゆっくりな感じなので、落ち着いたというのはわかりませんが、寝るまでたすき掛けをしており、起きた後も自主的にたすき掛けをしていました。

言葉では表せないけれども、なにか娘なりにたすき掛けをすることによって「変化」を感じたのかなと思っています。

今日で、たすき掛けと腰巻きを始めて一週間が経ちました。

便秘がちな娘が頻繁に便意があるようです。

必ずしも毎回便が出るわけではないようですが、心なしかお腹のポッコリが小さくなった気がします。

たすき掛けもそうでしたが、腰にヒモを巻くというのは、
着物の帯紐だなと思い、和装が体に良いのかもと思い始めました。

ひもを巻くだけで体が変わる! 痛みが消える! (腰、ひざ、首、肩の激痛が消失! 医師が太鼓判!)

新品価格
¥810から
(2019/9/8 01:01時点)

DVD付き ヒモトレ入門

新品価格
¥1,728から
(2019/9/8 01:02時点)

ひもトレ専用スピンドル(2.3M) (トリコロール)

新品価格
¥3,240から
(2019/9/8 01:11時点)






おすすめの記事