恋愛7つのルール

おひとりマザー(シングルマザー)が婚活するのはタブー??ではないだろう。ただ、子どもをそっちのけでパートナーに依存してしまうのは危険。

いくつになっても、ママになっても、恋もするし恋愛もする。それは本能だと思う。

人を好きになる事で綺麗にもなるし、自分を向上させる。ステキな事。

でも恋をしたら回りが見えなくなることも多くなる。周りが見えるうちにしっかり自分が”もし恋をしたら”のルールを考えておきましょう。

子どもが優先

恋愛していても、子ども優先です。

「恋は盲目」と良く言いますが、その通りだと思います。

恋愛に年齢も既婚者も、おひとりマザーも関係ありません。大いに恋愛しましょう!

大抵の方は「子ども<恋人」になってしまいがちです。

私は大丈夫!という方でも、一瞬の間でもそういう時期があることでしょう。

そんな時にもふと我に返ることが出来るようにしたいものです。

子どもだけを残して出かけない

デートなどの時は、必ず子どもは知人や託児所に預ける。

絶対に子どもだけで家に残さない。母親の変化を子どもは気づいています。

中学生以上のお子さんなら一人でいたいと思うし、ある程度の危機回避能力は備えているので問題ないですが、小学校低学年や幼児を子どもだけで残すのは危険です。

子どもの死を告げるニュースなどで多いのも子どもだけで残して、母親がデートやパチンコに行っていたという内容です。絶対にあってはならない事です。

また子どもを預けて出かけるにしても、子どもにも理由を仕事などと、嘘をつかずにしっかりとステキな友達と会うことを話しましょう。「彼氏」とまで言わなくても良いと思いますが子どもに不安がらせない為にも大切な事です。

そして、置いて行かれたと思わせない為にも、子どもと約束した帰りの時間は絶対に守りましょう。

相手に子どもの事を隠さない

子どもがいる事は、相手の人にもお付き合いする前に話す。

「子どもがいるって知ったらふられちゃうかも。」

その様な相手なら初めから付き合わない方が良いと思っています。

隠してもいつか言わなくてはならなくて、後から言って揉めるようであれば始めから子どもがいることを明かしていた方が気が楽だと思いませんか?

嘘をついたら、それを隠すためにまた嘘をつくことになります。

お金は頼らない

ココロは頼っても、お金は頼らない。

せっかく努力して一人でも生計がたてられる様になったのに、ココロ以外にお金にも頼ってしまうと、また一人になった時に一から出直しです。

今まで通り自分一人で生計を担っていきましょう。

お金は頼らず、その分疲れた時は一緒に話をしたり、散歩をしたり、お茶をしたり一緒にいる時間を穏やかに過ごせるような関係であって欲しいです。

結婚や同棲はあせらない

日常の大変さや、自分の「幸せ」を考えるとあせりがちなところですが、同棲や結婚はじっくり考えましょう。

おひとりマザーにとって、「結婚」ってどんなものなんでしょうか?

私は「結婚」はもう必要ないと思っています。

自分で稼いで生計もたてられているし、子どもを産むのももう難しい年になっているし、もし結婚しても何か利点はあるのか?あえてお互いを「結婚」で縛る必要はないのではないかと思ってしまうのです。

「結婚」という「形式」にとらわれず、人生のパートナーとして細く長く付き合っていける関係も良いのではないだろうか。

ケンカしても「可愛い」と思えるか

パートナーの年齢がいくつであろうとも、ケンカしてもふと「可愛い」と思える相手か。

以前、娘の父親との離婚を考えていた時、10歳年の離れた知人夫婦の家に遊びに行きました。

ご主人が料理を作ってくれ、その間知人がいろいろ話をしてくれたのですが、ご主人の事を可愛い、可愛いと連呼するんです。

その時に私は夫の事を「可愛い」と思ったこともないなと感じました。ある意味、私が離婚を決意出来た瞬間だったかもしれません。笑

カッコいいとかお金があるからより、「可愛い」が決め手です。

政治的判断が同じ

趣味が「映画鑑賞」で同じであっても、見たい映画は異なる事が多い。

それって当たり前だと思うんです。

育ってきた環境も経験値もお互い異なるのですから。

それと同じように「政治的判断」も同じと思いつつ蓋をあけると違うことが多いのです。

「政治的判断」と聞くと難しく感じるので簡単に説明すると、

目の前で事故が起こった時に、

  • 見て見ぬふりをしてそこを立ち去るのか
  • 立ち去りはしないけど見ているだけなのか
  • 事故に対してアクションを起こす( けが人に声をかけ対応する)
  • 事故に対してアクションを起こす(救急車や警察を呼ぶ)
  • 事故に対してアクションを起こす(交通や人の誘導を行う)
  • その他の行動をとる

生きていれば毎回起こす行動が選択なのだ。

自分は何かアクションを起こそうと思っていたのに、パートナーが見て見ぬふりをして立ち去ろうとしたら幻滅するかもしれない。

義務教育で道徳の授業で習おうが、自分の行動は自分で決める事なのでこういう時の行動で改めてパートナーを尊重できることもあるし、その逆もあると思います。

多良さん
恋愛7つのルールというか、掟の様なちょっと厳しめになってしまった。
しかも内容が彼氏の選び方のようにも感じる、、、。
参考にしていただければ幸いです。






おすすめの記事